2017年7月26日水曜日

The Parting Glass:Cara Dillon



今まで稼いだお金の全ては
気の合う仲間たち全部で使ってしまった
好き勝手やってきたことの全てが
自分に跳ね返ってきたんだと思う
いつも出たとこ勝負だったから
ほとんど何も覚えてないんだ
最後に別れのグラスを満たしたまえ
あなた方すべてに今夜の喜びがあるように

苦楽を共にした友は
私の旅立ちを悲しむだろう
私の愛する人たちも
もう一日だけ ここに居てと言うだろう
でも定められた時間はもう終わる
私の旅立ちを邪魔してはいけない
私はそっとこの場所を離れ そして
安寧秩序な路へ向かうのだ
ごきげんよう そして祝福がありますように
 
酒は飲んでも呑まれるな
喧嘩したって死ぬまでやるな
女の子を追いかけてた息子たちも
もうじき戻ってくるだろう
でも定められた時間は終わろうとしてる
私は必要があるから去るのだ
その時が来た 終わりの時間だ
別れの盃を満たそう
さようなら皆の衆 ごきげんよう
別れの盃を満たそう
さようなら皆の衆 ごきげんよう

2017年7月24日月曜日

True Colors:Eva Cassidy

私は、わがままでせっかちで少し不安定。間違いも犯すし、うまくいかないときには、自分が抑えられないこともある。でも最悪のときに力になってくれないなら、本当の私を知ることは出来ないのよ
➡ マリリン・モンロー


悲しい目をして落ち込まないで
私は知っているの
いろんな人がいる世界で
勇気を持つことは難しい
自分の道を見失い心の闇に囚われて
自分が小さいと思い込む

でも私には本当のあなたが見える
輝く光の中に本当のあなたが
それだからあなたが好きなの
本当の自分を隠してはいけないの
本当のあなたは
美しい虹のように輝いているから

こっちを向いて笑って
元気を出してね
最後にあなたが笑ったのが
いつだったのか思い出せない
世間があなたを追い詰めるなら
私が助けてあげる
私はいつだって傍にいるから

私は本当のあなたを知ってる
今は隠れている
本当のあなたが大好きなの
隠してはいけないの
本当のあなたは
美しい虹のように輝いているから

世間があなたを追い詰めるなら
私が助けてあげる
私はいつだって傍にいるから

私は本当のあなたを知ってる
今は隠れている
本当のあなたが大好きなの
隠してはいけないの
本当のあなたは
美しい虹のように輝いているから

私は本当のあなたを知ってる
今は隠れている
本当のあなたが大好きなの
隠してはいけないの
本当のあなたは
美しい虹のように輝いているから

2017年7月18日火曜日

The Stranger:Billy Joel



僕らは自分を隠すための
仮面を死ぬまで被っている
そして家で一人でいるときに
仮面を外して眺めてみるのさ

ある人はサテンのマスク ある人は鉄仮面
またある人はシルク またある人はレザー
それは本物ではない借り物の仮面だ でも人は 
自分ではない人の振りをするのが好きなのさ

人は危険を承知で恋に落ちる
たくさんの秘密を共有して
絶対に口にしたりしないさ

驚くことなんかないんだよ
被っている時は見えないんだ
恋人は知らないのかい?
君の持つ別の一面を

怖がらないでやりなおすんだ
誰だって落ち込むことはある
君だってそうだろ?
誰だって同じことさ
そろそろ気づくべきだ
自分で選んだ人生なんだ

以前は僕も勘違いしていた
自分が恋愛上手だって
知らない女性と部屋へ帰って
抱きしめようとして断られた
そりゃそうだろうよ
顔面に一発食らった気がしたよ

人は危険を承知で恋に落ちる
たくさんの秘密を共有して
絶対に口にしたりしないさ

驚くことなんかないんだよ
被っている時は見えないんだ
恋人は知らないのかい?
君の持つ別の一面を

怖がらないでやりなおすんだ
誰だって落ち込むことはある
君だってそうだろ?
誰だって同じことさ
そろそろ気づくべきだ
自分で選んだ道なんだ

仮面がどう影響してるかなんて
君には決して分からない
それはいつも悪いってわけじゃない
全部が間違いだということでもない
善人になろうとして頑張っても
問題の炎は絶対に消えない
別のもう一人が現れたら
そいつの言いなりになるのさ

2017年7月15日土曜日

Endorphinmachine:Prince

ボクシングが人生に似ているのではありません。人生がボクシングに似ているのです
➡ シュガー・レイ・レナード

たとえば怒りひとつとっても、とてつもないエネルギーを含んでいる。怒りを巧妙に抑圧すると、それに伴うエネルギーを意識的・建設的に利用できなくなる。怒りは破壊的に用いるのではなく、生産的に用いることもできる

自分が一番好きなことで努力することを選び、怒りのエネルギーをマスタリー(達人)の旅の燃料に転化することも可能だ。私たちが称賛してやまない並外れたエネルギーの持ち主とは、暗い部分とされる領域から流れる、猛烈なエネルギーの使い方を知っている人なのだ
➡ ジョージ・レナード



君がこれをどう理解するかだ
黄金より価値のある戦利品の数々
それを手に入れたいのであれば
おとなしく待っていろ すぐに戻ってくるから
移動中に いいアイデアが浮かんできたんだ
まあ 映画みたいなものなんだけど
君は間違いなくスターになれるさ
カメラの用意はいいか!テイクワン!
エンドルフィンが栄養のファイターだ

ガード!ガード!アゴを引け
いけ! ぶちかますんだ!
右に回り込んだら踏み込んで打て!
下がったらだめだ!効いてないぞ
君の信念が折れない限り
俺は狂ったように応援し続ける
この試合が終わるころ君は
何らかの信念を得るだろう

賞金をつかむため前に出ろ
夢をつかむまでもうひと押しだ
いままで見たこともなかった
宝を得るための準備はいいか
エンドルフィンが栄養のファイターたち

2017年7月13日木曜日

Roar:Katy Perry

この曲では、見失ってしまったかもしれない内面的な強さを再発見することについて歌っている。自信をなくしてしまっていた時期があって、自分の中の強さを再び見つけ、自分で自分を守らなければならなかった。同意したり、納得が出来なくても「礼儀正しくして、黙っていればいいの」って言われることもあるかもしれないけれど、そんなのおかしいわ
➡ ケイティ・ペリー来日インタビュー(JAPAN-billboardより)




以前の私は息を殺して 死んだふりしてた
波風立てないようにして トラブルを避けてきた
だから何もしないで 大人しくしていたの
あの時私は 自分が選べるということを忘れてた
人に何かされても ギリギリまで我慢した
でも我慢するのやめたら 何もかも輝いて見える

誰も私を邪魔できない
叩き落としたから埃みたいに
あなたは私の咆哮を聴く
大地を揺るがす 雷のような叫びを
抑えつけられても 撥ね付ける
覚悟しなさい 我慢の限界よ
今は全部はっきりと分かるの

私は虎の目を持つ戦士 炎の中を悠然と行く
だって私は百獣の王だから
あなたは私の咆哮を聴く
ライオンにだって負けないくらいの
なぜなら私は自分を守れるから
私の信念を思い知るでしょう

蝶のように舞い 蜂のように刺す
そうして私は勲章を手にする
生まれ変わって 自分を見つけた
 
誰も私を邪魔できない
叩き落としたから埃みたいに
あなたは私の咆哮を聴く
大地を揺るがす 雷のような叫びを
抑えつけられても 撥ね付ける
覚悟しなさい 我慢の限界よ
今は全部はっきりと分かるの

私は虎の目を持つ戦士 炎の中を悠然と行く
だって私は百獣の王だから
あなたは私の 咆哮を聴くでしょう
ライオンにだって負けないくらいの
なぜなら私は自分を守れるから
私の信念を思い知るでしょう

Oh oh oh oh oh oh oh
Oh oh oh oh oh oh oh
Oh oh oh oh oh oh oh
You're gonna hear me roar
Oh oh oh oh oh oh oh
Oh oh oh oh oh oh oh
You'll hear me roar
Oh oh oh oh oh oh oh
You're gonna hear me roar

Ro-oar, ro-oar, ro-oar, ro-oar, ro-oar

私は虎の目を持つ戦士 炎の中を悠然と行く
だって私は百獣の王だから
あなたは私の 咆哮を聴くでしょう
ライオンにだって負けないくらいの
なぜなら私は自分を守れるから
私の信念を思い知るでしょう

Oh oh oh oh oh oh oh
Oh oh oh oh oh oh oh
Oh oh oh oh oh oh oh
You're gonna hear me roar
Oh oh oh oh oh oh oh
Oh oh oh oh oh oh oh
You'll hear me roar
Oh oh oh oh oh oh oh
You're gonna hear me roar

2017年7月7日金曜日

The Night They Drove Old Dixie Down:The Band



俺はバージル・ケイン
北軍がやってきて線路つぶすまで
ダンビル鉄道で働いていたんだ
1865年の冬は食べるものさえなくて
5月10日にはリッチモンドも陥落した
あの冬のことは忘れられない

夜になると昔の南部が蘇る
最終列車のベルが聞こえる
夜になると昔の生活が懐かしい
皆で声を合わせて歌ったものさ
La la la la la la la
La la la la la la la la la

奥さんとテネシーに帰ったら
ある日 彼女がこう言ったさ
ねえ、バージル早く来てよ!リー将軍が出陣するわよ!
もうそんなこと どうだっていいんだ
木こりをしていたって
小銭しかなくても気にしない
必要なものが手に入って
少しだけ貯えがあればいいのさ
奴らだって一番大切なものは
奪うことは出来ないから

夜になると昔の南部が蘇る
最終列車のベルが聞こえる
夜になると昔の生活が懐かしい
皆で声を合わせて歌ったものさ
La la la la la la la
La la la la la la la la la

俺は死んだ親父みたく働き者で
死んだ兄貴みたいに信念を持ってる
兄貴はその時まだ18だったけど
誇り高く勇敢だった でも
ヤンキー(北軍)どもは彼を墓送りにした
だから俺は先祖の魂に誓って
負けるわけにはいかないのさ

夜になると昔の南部が蘇る
最終列車のベルが聞こえる
夜になると昔の生活が懐かしい
皆で声を合わせて歌ったものさ
La la la la la la la
La la la la la la la la la

Radioactive:Imagine Dragons(Live At The Joint)



俺は瓦礫の中で目を覚ました
額の汗を拭い錆びついた体を軋ませる
化学物質を胸一杯吸い込んだのさ

体力を回復して準備ができたら
この囚人護送車から出てゆく
きっとこれが黙示録の世界だ

俺たちは今目覚めたんだ
自分の骨組みを確かに感じる
動き出すには充分だ
新しい世界を迎えに行こう
新たな世界へようこそ!
新たな世界へようこそ!
俺たちは無限の光だ
俺たちは無限の光だ

服を着替えて旗を掲げ
この変革を俺は支持する
正しい色に染め上げよう
体力を回復して準備ができたら
この囚人護送車から出てゆく
きっとこれが黙示録の世界だ

俺たちは今目覚めたんだ
自分の骨組みを確かに感じる
動き出すには充分だ
新しい世界を迎えに行こう
新たな世界へようこそ!
新たな世界へようこそ!
俺たちは無限の光だ
俺たちは無限の光だ

全てのシステムよ目覚めろ!
太陽はまだ死んじゃいないだろ
体の中心から真っすぐに骨の髄まで

俺たちは今目覚めたんだ
自分の骨組みを確かに感じる
動き出すには充分だ
新しい世界を迎えに行こう
新たな世界へようこそ!
新たな世界へようこそ!

俺たちは無限の光だ
俺たちは無限の光だ
俺たちは無限の光だ
俺たちは無限の光だ